ホーム » 日記 » 家庭でもモバイル通信の利用が出来る?|通信量による規制に注意しましょう

家庭でもモバイル通信の利用が出来る?|通信量による規制に注意しましょう

自宅でも利用できるモバイル通信の種類とは?



今度新しくタブレットPCの購入を考えています。
最近ではいろいろな種類もあってアプリモ充実してきたので、そろそろ買いどきかな?
と考えています。

また今まで屋外でのネット接続はスマホがメインだったのですが、タブレットPCを
購入するので今度は大画面で楽しめるとワクワクしています。

ただ、本体料金や通信料金の関係もあって3G回線を利用する本体を購入する気は
ありません。
そこでモバイル通信への加入も考えています。

まあスマホのテザリングを利用する、という方法もあるのでそちらの料金なども
一緒に考えてみたいとおもいます。

この時に気になるのが家庭で利用するときのことです。
僕は現在パソコンなどを持っていないので固定回線を自分の部屋に引いていません。

当然タブレットPCを購入したら自分の部屋でも楽しみたいですよね?
そこで自宅でも利用できるモバイル通信があればそれに加入したいと考えています。

まずは色々とモバイル通信について調べてみます。

家庭で利用するときの注意点とは?



モバイル通信を自室で利用するときの注意点を調べてみると、家庭内での電波の状況と
通信回線の規制が問題になるようです。

モバイル通信なので電波状況で回線速度が変わるので、その電波の状況が安定するほうが
快適に通信ができることはわかります。

では速度規制ってどういうことなのでしょうか?(´ε`;)ウーン…
これも調べてみると分かりました、通信量が多くなることでプロバイダがかける規制で
一定期間に規定値以上のパケット通信を行うことで速度規制がかかり、通信速度が大幅に
下がることでした。

モバイル通信の場合はほとんどサービスしているキャリアがそのままプロバイダを
することが多いので、キャリアによる速度規制の対応の仕方があります。

よく見かけるモバイル通信の使いやすさランキング等ではこの速度規制の上限や
規制のかかる期間なども考えられているようです。

確かに家庭内で利用する場合には通信量もかなり上がることになるので、パケット量は
大きくなります。
そこで規制がかかっては快適にインターネットを楽しむことができません。

モバイル通信を利用する時にこれが重要なのもよくわかりました。

どのモバイル通信が使いやすい?



今までスマホでインターネットを利用していましたが、それほど通信量を気にしては
いませんでした。
その為にパケット量に対する規制がかけられていることも知りませんでした(;´Д`)

ただ、今回タブレットPCを購入することで確実に通信量は大きくなると思います。
その時にスマホのテザリングを利用すると、かなり速度規制をかけられる可能性が
高くなりそうな予感はします。

そこでそれぞれのプロバイダでどれくらいの通信量で速度規制をかけられるのか
それを調べてみます。

テザリングを利用することも考えて携帯キャリアの速度規制も一緒に調べてみます。
その中で使いやすいプロバイダや回線を見つけたいと思います。

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。