規制のかからないモバイル通信とは?|どれだけ使っても速度が変わりません

ヘビーユーザーにもおすすめのモバイル通信とは?



お勧めモバイル通信のランキングなどでも多く見かけることが出来る回線の名前が
WiMAXです。

その紹介にはパケット通信量による規制のない、速度の変わらないモバイル通信と
紹介されていました。

今まで調べたプロバイダでは一定期間に規定値以上のパケット量を利用すると
速度規制がかけられていました。

でもWiMAXにはそれがないという話です。
僕の利用方法を考えると、自宅でも屋外でも利用することが考えられるので
パケット量の規制がないのはとても嬉しいです。

そこでこのWiMAXを調べてみることにしました。
実際に規制がないのか、加入する方法なども一緒に調べてみます。

WiMAXはどこで加入するのがお得?



まずWiMAXは通信回線の名前で、今では多くのプロバイダからサービスの提供が
されているモバイル通信です。

本家といわれているUQ WiMAXを始め大手プロバイダからはほとんどサービスの
提供がされています。

それらを調べると、たしかにモバイル通信なのにパケット量に対する速度規制が
行われていない通信回線になっています。

その為に固定回線の代わりに利用する場合におすすめの通信回線と紹介されています。
モバイル通信なので回線工事の必要もなく、契約してからすぐに利用できるのも
大きな魅力となっています。

回線が利用できるエリアはかなり広がっていて、現在は主要都市での人口カバー率は
94%を超えていると発表もありました。
当然室内でも問題なく利用できるエリアもかなり広くあります。

回線速度は下り最速40Mと固定回線と比べても遅くない速度が出せます。
ベストエフォートなので毎回この速度が出る、というわけではありませんが十分に
固定回線の代わりに利用できる速度です。

しかも多くのプロバイダからサービスの提供が行われているので、それぞれにお得な
キャンペーンの展開がされています。
それを利用するとかなりお得にWiMAXへの加入が出来るようになります。

高額キャッシュバックなどの特典利用ができるプロバイダもあるので、探してみると
とてもお得に加入できそうです。

色々なところでネット接続するならおすすめのWiMAX



多くのランキングで見かけたWiMAXはとてもお得で便利なモバイル通信でした。
僕の利用方法にはピッタリと思いましたv(´∀`*v)ピース

何より通信速度の規制がないことはとても大きな魅力になります。
これでどこでも心置きなくタブレットPCを楽しむことができそうです。

加入に関してもほとんどの大手プロバイダではサービスの提供がされています。
その中からキャンペーンでお得になるところを選んで加入すれば、ほとんど
初期コストをかけずに始めることもできそうです。

事務手数料やネット接続に必要なモバイルルーターが0円で購入できるなどかなり
お得なキャンペーン展開をしているプロバイダも多くあります。

しかも上手に利用すればスマホのパケット代金を節約するためにも利用できそうです。
これからのインターネットをもっとお得に利用するためにもWiMAXへの加入を
前向きに考えたいと思います。

どれ位の通信量で規制がかかるの?|各キャリアによって変わります

プロバイダによる速度規制はどのようなもの?



モバイル通信の場合は利用したパケット通信量によってプロバイダから速度規制が
かかることがあります。
当然多く利用しているユーザーはそれだけ回線を独占していると考えられてしまい
一定期間に規定値以上のパケット通信を行うと、通信速度に規制がかけられます。

この規制はプロバイダが書ける措置なので、モバイル通信の場合プロバイダをしている
キャリアによって規制が変わります。

そこで携帯回線の提供をしているキャリアを含めて、モバイル通信提供の
プロバイダがどんな規制をかけているのか調べてみました。

それ程規制が厳しくなければ、スマホを利用してテザリングという方法もできるかな?
と考えてもいます。
それを含めて色々とチェックしてみました。

各キャリアが行っている速度規制の条件とは?



まずはそれぞれのキャリアが規制をかけるパケット量を調べました。

・イー・モバイル
1ヶ月のパケット通信量が7Gを超えた場合
それと直近3日間のパケット量が1Gを超えた場合

・ソフトバンク
1ヶ月のパケット通信量が7Gを超えた場合
それと直近3日間のパケット量が1Gを超えた場合

・ドコモ
1ヶ月のパケット通信量が7Gを超えた場合
それと当日を含む直近3日間のパケット量が1Gを超えた場合

規制がかかる量はほとんどのプロバイダで同じことになっています。
では規制がかかるのはどれ位の期間なのでしょうか?
こちらも調べてみました。

規制がかかるのは上記のパケット通信量の規定値を超えた翌日から
月末の締め日までです。

規定値を超えた当月の月末までの速度が規制されることになります。
ただしソフトバンクの場合、ユーザーが締め日を選んで決めるために
自分の決めた締め日まで規制がかかります。

規制される速度は128kbpsとかなりの低速になります。
メールの送受信などにそれ程問題はありませんが、動画などはほとんどまともに
見られない速度になってしまいます。

規制のかからないモバイル通信がある?



スマホでテザリングをした場合、タブレットPCで利用したパケット通信量はそのまま
スマホのパケット量に加算されます。
これでは簡単に規制にかかってしまいそうで、テザリングを利用するのはかなり難しいと
感じました(+o+)

当然自宅でも利用することを考えると一ヶ月で7Gという通信量はそれほど多くないと
感じてしまいます。
動画を見た場合高画質動画なら2時間の映画で約1Gのパケット通信が必要です。
これでは1週間で規制がかけられてしまう計算になります。

でもランキングなどを調べているうちに、パケット量の制限がないモバイル通信があると
目にしました。

家庭でも利用することを考えるユーザーにはおすすめと言われ、当然ランキングでも
上位にランクインしている人気回線があります。
それがWiMAXというモバイル通信です。

ほとんどのモバイル通信ではパケット通信量に規制がかけられていますが、WiMAXなら
その規制がありません。
その為にどれだけ利用していても速度が遅くなる心配がないそうです。

当然家庭で利用できるモバイル通信としてかなり優秀と紹介されていました。
かなり気になるので、このWiMAXをさらに調べてみます。

家庭でもモバイル通信の利用が出来る?|通信量による規制に注意しましょう

自宅でも利用できるモバイル通信の種類とは?



今度新しくタブレットPCの購入を考えています。
最近ではいろいろな種類もあってアプリモ充実してきたので、そろそろ買いどきかな?
と考えています。

また今まで屋外でのネット接続はスマホがメインだったのですが、タブレットPCを
購入するので今度は大画面で楽しめるとワクワクしています。

ただ、本体料金や通信料金の関係もあって3G回線を利用する本体を購入する気は
ありません。
そこでモバイル通信への加入も考えています。

まあスマホのテザリングを利用する、という方法もあるのでそちらの料金なども
一緒に考えてみたいとおもいます。

この時に気になるのが家庭で利用するときのことです。
僕は現在パソコンなどを持っていないので固定回線を自分の部屋に引いていません。

当然タブレットPCを購入したら自分の部屋でも楽しみたいですよね?
そこで自宅でも利用できるモバイル通信があればそれに加入したいと考えています。

まずは色々とモバイル通信について調べてみます。

家庭で利用するときの注意点とは?



モバイル通信を自室で利用するときの注意点を調べてみると、家庭内での電波の状況と
通信回線の規制が問題になるようです。

モバイル通信なので電波状況で回線速度が変わるので、その電波の状況が安定するほうが
快適に通信ができることはわかります。

では速度規制ってどういうことなのでしょうか?(´ε`;)ウーン…
これも調べてみると分かりました、通信量が多くなることでプロバイダがかける規制で
一定期間に規定値以上のパケット通信を行うことで速度規制がかかり、通信速度が大幅に
下がることでした。

モバイル通信の場合はほとんどサービスしているキャリアがそのままプロバイダを
することが多いので、キャリアによる速度規制の対応の仕方があります。

よく見かけるモバイル通信の使いやすさランキング等ではこの速度規制の上限や
規制のかかる期間なども考えられているようです。

確かに家庭内で利用する場合には通信量もかなり上がることになるので、パケット量は
大きくなります。
そこで規制がかかっては快適にインターネットを楽しむことができません。

モバイル通信を利用する時にこれが重要なのもよくわかりました。

どのモバイル通信が使いやすい?



今までスマホでインターネットを利用していましたが、それほど通信量を気にしては
いませんでした。
その為にパケット量に対する規制がかけられていることも知りませんでした(;´Д`)

ただ、今回タブレットPCを購入することで確実に通信量は大きくなると思います。
その時にスマホのテザリングを利用すると、かなり速度規制をかけられる可能性が
高くなりそうな予感はします。

そこでそれぞれのプロバイダでどれくらいの通信量で速度規制をかけられるのか
それを調べてみます。

テザリングを利用することも考えて携帯キャリアの速度規制も一緒に調べてみます。
その中で使いやすいプロバイダや回線を見つけたいと思います。

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。